沖縄の水生生物

 さて、沖縄の水生生物(特に外来種、移入種)といっても現在確認されているのは14種あるそうで、これらを一気に文章で紹介するのはとても簡単で、後のコンテンツの更新材料もなくなってしまうので、情報を基に実際に私が採取した種を順番に紹介していきたいと思います。









移入された後、再び姿を消したといわれる水生生物


プラティ

ソウギョ

ナガブナ

マナグエンス(セ?)

本を読んでいて驚いたのが沖縄県の那覇市の漫湖(中国語でたくさんの水を湛えた川の意ナニのことではない)に流れる国場川(こくばがわ)の支流にプラティが生息したいたとは・・・・河川整備に伴って姿を消したとされているが、淡水で繁殖するプラティですから、繁殖地域が変わっているということも考えられる。

かだやし
ティラピア
プレコ
ワイルドグッピー
アフリカンシクリッドプレコの章から読んでいただけると幸いです。
その他の採取物

counter